低用量ピルの服用について

低用量ピルに疑問を持つ女性 低用量ピルとは、女性ホルモンが含まれた経口避妊薬です。
コンドームより高い避妊効果があり、正しく服用すればほぼ100%確実に避妊できます。
避妊以外にも様々な効果があり、そのため水商売の女性はよくピルを服用しているようです。
キャバ嬢の人たちも低用量ピルを服用している人が多くいます。
キャバ嬢の彼女たちがなぜピルをよく服用していたのでしょうか。
もちろんパートナーとの間の避妊対策もあったかと思いますが、それ以上に彼女たちは生理周期をコントロールする必要があったのです。
特に、生理痛や生理前のいらいら(PMS)が重い方々は、低用量ピルを服用することで、それらの痛みや症状を和らげて、生理中でもなんとか仕事にいけるよう工夫していたようでした。
ピルを服用していれば、いつ生理がくるか、正確な周期がわかるため、一番重い二日目から三日目はあらかじめ休みをとるなどしていたようです。
また、低用量ピルの効果として、美容面があげられます。
肌荒れやにきびが軽くなるといった作用もあるからです。
生理をコントロールしつつ、美肌を保つ。
毎晩夜遅くまで仕事している夜のお仕事の方々には、低用量ピルは欠かせないものなのでしょう。
そのほかの効能として、子宮体がんや卵巣がんになりにくくなる、子宮内膜症が治る、乳房の良性腫瘍の発生率が下がるといったメリットもあります。
低用量ピルの副作用はといえば、体が慣れるまで、吐き気、だるさ、頭痛を感じる場合がありますが、大体1~2週間で落ち着きます。
ピルを飲むと太る、という話が昔あったようですが、現在研究によると、ピルで太るという論拠はどこにもないそうです。
女性にとってはメリットの多い低用量ピル。
婦人科で頼めば、簡単な使用注意のあと、すぐに処方されます。
キャバ嬢に限らず、妊娠を望まない女性はぜひ積極的に活用しましょう。

低用量ピルならヤーズ

ヤーズという副作用の少ない低用量ピルがあります。
個人輸入を代行して行ってくれる通販サイトにて購入することができます。
病院で診察、処方する手間がないので安く手に入れることができます。
気になる方は是非ヤーズの通販をしてみましょう。

低用量ピルのメカニズム

避妊失敗を恐れている女性 低用量ピルは合成卵胞ホルモンと合成黄体ホルモンの合剤のうち、錠剤中の合成卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラム未満に抑えられたものを指し、服用による副作用も比較的軽微であることから、多くの女性が避妊アイテムとして使用しています。
この低用量ピルの避妊効果は非常に高く、用法と用量をまもって服用を続けた場合の避妊に失敗する確率は0.3%程度、多少の飲み忘れも考慮した場合であっても避妊の失敗確率は8%程度というデータが出ています。
他の避妊方法だと、正しい方法で避妊を行った場合の避妊失敗率が、コンドームで2%程度、ペッサリーで6%程度となっており、これらと比較すると低用量ピルは非常に優れた避妊アイテムであることがわかります。
低用量ピルは90%以上の確率で避妊に成功でき、他の避妊方法も併用することで100%に限りなく近い確率で避妊することができます。
低用量ピルの避妊効果が高い理由は、この薬が持つ3つの作用にあります。
低用量ピルは、排卵を抑制する作用、子宮の入り口にある頚管粘液の性状を変化させる作用、子宮内膜の環境を変化させる作用の3つによって避妊を実現しています。
この3つの作用は同時に働くものではなく、まず低用量ピルによって体内の黄体ホルモンと卵胞ホルモンの濃度を上昇させて、卵胞の成熟を抑制することで排卵が起こらなくします。
薬の作用が不十分で排卵が起こった場合は、頚管粘液を変化させる作用によって精子が子宮内に侵入するのを防ぎ、精子が侵入してしまった場合は受精卵が着床してしまわないように子宮内膜の環境を変えてしまいます。
低用量ピルはこのような順番で作用し、服用者が性行為によって妊娠するのを防いでいます。

服用回数がわかりやすい薬のシート

服用回数について説明する医師 避妊薬といえばピルがありますが、正しく飲まなければ効果を発揮できない性質があります。
女性の月経周期に合わせて飲むことから1シートは21錠分となっていますが、21日飲んで7日間は休むのが基本となります。
月経周期の28日に合わせたシートとなっていますが、28錠が1シートになっている避妊薬もあります。
21錠では飲んだ日数と休む日数がわからなくなってしまう場合がありますが、28錠の場合には飲み忘れや日数の間違いが少なくなるメリットがあります。
避妊薬は毎日飲まなければいけませんので、分かりやすい28錠のシートには薬を継続して飲みやすくするためのメリットがあります。
1シートに28錠入っていますが、避妊薬は21日分で、残りの7日分は偽薬となっているのが基本です。
偽薬でも毎日飲むことによって習慣にすることが可能ですから、確実に飲めることがメリットになります。
どちらが良いかという問題は、確実に21錠と7日休むことができる人であれば、1シート21錠でも問題ありませんが、何かと忘れがちという人には1シート28錠のほうが適していると言えます。
避妊薬には錠数の違いの他に段階的に配合量を変えているものもあります。
一相性では同じ配合量となっていますが、段階的に配合量を変えているものは順番通りに飲む必要があります。
間違えると効果を発揮できませんので正しく飲むことが基本になってきます。
避妊薬のシートはわかりやすくなってはいますが、錠数と配合量の違いにより飲み方が異なってきます。
人それぞれにライフスタイルは違いますので、自分の環境に適したシートを選ぶことが大切です。
一相性の28錠シートのほうが飲み間違いが少なく簡単だと言えます。