過多月経で低用量ピルを使うデメリットとは?

低用量ピルは生理痛や経血の量が多い過多月経の人に婦人科から処方される薬です。
生理の周期を整えたり、生理痛の痛みを和らげたり、多すぎる経血の量を減らしてくれるというメリットがあります。
女性ホルモンのバランスを整えることで経血となる子宮内膜が厚くなることを防ぐため過多月経が改善され、子宮内膜に含まれる生理痛の原因となるプロスタグランジンが減るため生理痛になりにくくなります。
しかし、低用量ピルを飲むことによってデメリットもあるのです。
過多月経の人が低用量ピルを飲むと、経血量が減るどころか増えてしまう人があります。
低用量ピルを飲むことでホルモン分泌が抑えられるため、子宮内膜が厚くなることを抑えられるのですが、ホルモンの生産量は個人差があります。
以前主流として使われていた中用量ピルの場合には薬剤の中のホルモン量が多く、ほとんどの人が子宮内膜が厚くなることを抑えることができていました。
しかし現在主流の低用量ピルでは薬剤の中のホルモン量が少ないため、子宮内膜が厚くなる作用を起こしてしまうことがあるのです。
そのため、人によっては貧血で起き上がれないほどの経血量になるというデメリットも生まれてしまいます。
低用量ピルを飲み始めた当初は身体がホルモンバランスの変化についていけないため、このようなデメリットが起きることもあります。
しかしこれも長期間で見て行けば効果は期待でき、理論上では低用量ピル飲用の4周期目からは効果が出ると言われています。
過多月経の場合には、低用量ピルを飲んでも2周期ほどは思ったような効果が上がらない場合があります。
不安なことがあれば、主治医に相談して、安心して服用ができるようにしたいものです。