空気浄化装置と湿度とインフルウイルスの生存率の低下

例年夏場にはほぼ感染に関する報告がなされないのにも関わらず、冬になった途端に大流行するのがインフルエンザです。
広く一般的に知られていますが、インフルエンザウイルスの感染には湿度や温度と密接な関係性があります。
インフルエンザウイルスが湿度と温度と密接な関係にあることは、1961年に発表された論文が根拠です。
論文を作成する際に行った実験の内容は、実験装置にインフルエンザウイルスを浮かばせ、温度や湿度に変化をつけながらウイルスの生存率の推移を確認するというものです。
実験により、温度が21度から24度で湿度が20%をキープした際の6時間後の生存率は60%であるのに対し、同じ温度で湿度を50%でキープした際には生存率が3%から5%になるという結果が得られました。
次に行った実験では、温度が7度から8度で湿度を22%から25%にキープした際の生存率が63%で同じ温度で湿度を50%以上にキープした際の生存率は35%から42%という結果でした。
最終的に行った実験では温度を32度で湿度を50%にしたところ6時間後のウイルスの生存率は0でした。
このような実験結果により、温度が高く湿気が多い環境下ではインフルエンザウイルスの生存率が下がるという結論に至ったのです。
現代の住宅は、質の良い断熱材や暖房設備によって室温と外気の差が少なくなってきているため湿気に注視し場合によっては空気浄化装置などを利用することが適しています。
湿気が80%の状況で生活することは現実的ではないため、過ごしやすさとウイルスの生存率が低下する50%から60%を目安とし空気浄化装置などでコントロールすると良いでしょう。
なお、空気浄化装置に湿気をコントロールする機能が搭載されていない場合は加湿器を利用してください。

トップページへ