家族を守る為の福島県でインフルエンザ感染を防ぐ心得

福島県内で寒さが厳しくなる季節には、インフルエンザが流行します。特に、福島県内の学校や人が集まる場所では、感染確率が高まる傾向にあります。インフルエンザのウイルスは、感染力の高さが特徴で、空気感染で人から人へと伝わることから、感染の防止がしにくいのが厄介です。
学校や職場などの集団生活の場では、マスクを着用すると、ある程度の感染を防ぐことができます。マスクをするのは予防したい人よりも、感染の疑いがある人が、くしゃみなどによるツバの飛散で、周囲の人に感染させないためのものです。インフルエンザウイルスに感染しても、症状がほとんどでない例は意外にも多くあります。症状が出ていなくても、マスクを着用するようにしましょう。また、流行する時期には、福島県内のレジャー施設など、人が大勢集まるところに行かないようにすることも、重要です。
インフルエンザを発症すると、家族にもうつしてしまう例は多くあります。家族だと体質的に似ていることから、感染しやすいインフルエンザウイルスが同じであるのも理由の一つです。家族にうつさないようにするには、外出先で自分自身が感染しないことがまず第一に気をつけたいことです。
さらに、外から帰ったら、真っ先に手を洗うようにしましょう。手にウイルスが付着している恐れがあるからです。そのままの手で部屋やトイレのドアノブを触ると、別の家族が感染する確率が高まります。
しかし、この対処法は十分ではありません。最もよい対処法は、インフルエンザが流行る前に、予防接種を受けることです。福島県内には、インフルエンザの予防接種を実施している病院が数多く存在します。家族全員で予防接種を受けると、予防効果が高まります。

トップページへ