冬の顔の乾燥とインフルエンザの症状軽い場合

インフルエンザは暑い季節には少なく、寒い季節になると流行しやすいのですが、これは空気や顔の乾燥が原因となっています。まず風邪やインフルエンザなどといった病気は、それぞれのウイルスの感染によって引き起こされるものです。これらのウイルスは水分を含んでいるため、乾燥した空気に晒されて蒸発すると軽くなり、身の回りを浮遊するようになります。また、冬の寒さで体温が下がると体の抵抗力が弱ってしまうため、ウイルスが体内に侵入しやすくなりますし、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなると言われています。特に子供や高齢者は体が弱く、ウイルスに感染しやすいのでしっかりと乾燥対策を行っていきましょう。熱がほとんどなく症状軽いインフルエンザになってしまうこともあるのですが、解熱鎮痛成分を含んでいる風邪薬を服用している場合や予防接種を受けているなどといった理由が挙げられます。解熱鎮痛成分を含んでいる風邪薬の服用や予防接種を受けていると、高熱などの症状が抑えられることがあります。最近では予防接種を受ける人が増えてきているため、熱ほとんどなく症状軽いインフルエンザにかかる人が多くなってきているということです。特に予防接種には発症しても重症化させないような効果があるため、熱がない症状軽いインフルエンザとなることも多いです。また、場合によってはウイルスに感染していても、症状すら発症しないで治ってしまうこともあるとされています。インフルエンザの症状には人によって異なっており、重症化してしまうこともあるのですが、かなり軽く済むこともあります。インフルエンザにかかっても熱が出なかったり、微熱で済んだという場合、あまりウイルスをもらわなかったか体内での増殖を防ぐことができたと考えられます。

トップページへ