写真フイルム製造企業のインフルやエボラに有効な新薬

写真のフイルムを製造していた事で知られる国内の企業が、新たな作用機序を持つインフルエンザの治療薬を開発しました。この抗インフルエンザ薬が海外で蔓延している、エボラウイルスにも有効性を示す事が話題となっており、海外のエボラウイルスの研究を進める世界各国の医療機関からも、写真のフイルムを製造していた企業が注目を集めています。
この会社の開発した抗ウイルス薬は、本来は新型のインフルエンザ治療薬として開発されたものです。しかし、その作用機序には大きな違いが見られます。新薬の作用機序は細胞の働きによりインフルエンザのウイルスを妨げ増殖を制御するものではなく、遺伝子を複製するプロセスを妨げる事で、体内でのウイルスの増殖を防ぐ仕組みを持つものです。
この写真のフイルムを製造している企業は、感染症治療の新薬の開発に専念しており、そのほかにも、多種多様な抗生物質やリウマチなどの膠原病に特化した薬などを開発しています。これら医薬品の技術力が抗ウイルス薬の開発にも活かされ、エボラにも効果を発揮する新薬が開発されたのです。
この医薬品は各種のインフルエンザウイルスに対しても有効性が認められ、とりわけ、感染力が強い鳥インフルエンザなどにも有効である事が実証されています。
これまでの抗インフルエンザウイルス剤と異なる作用機序を持つ新薬は、ウイルスの複製を促す酵素を限定的に阻害する事が可能なために、インフルエンザだけではなく、エボラウイルスの細胞分裂による増殖も阻害する事が出来るのです。
これらの理由から、タミフルのようなの普及率の高い薬剤が上手く作用しないケースにも利用できる可能性があり、タミフルなどの効かない患者や新型のウイルスにも効果を発揮する事が期待されています。

トップページへ