低用量ピルを常備する

ピルケース
ピルという言葉を聞くと、すぐに避妊薬としてイメージされる方が多いのではないでしょうか。
実際にピルは避妊に有効な薬剤の総称であり、妊娠を望まない多くの女性に服用されているお薬です。
しかし、同じピルでも低用量ピルというものがあり、こちらは必ずしも避妊に特化したお薬ではなく、例えば女性の生理痛を和らげたり、子宮内の環境を整える作用をもたらすお薬として処方されているのです。
実際にも、毎月の生理によってお仕事に支障をきたす女性や、経血量が多い、月経時にひどい痛みを伴う方に多く利用されており、睡眠不足や接客の関係から生理不順を引き起こすことの多い人は低用量ピルを常備しているというお話もあります。
低用量ピルは、生理が開始日から服用し、28日間を目安に毎日決まった時間に服用します。
ただし生理前の最後の1週間は服用がなく、その期間のカウントがしやすいようにお薬自体にさまざまな工夫がされています。
低用量ピルを服用することで改善される症状としては、生理痛、頭痛、めまいや貧血などで、服用後すぐにこれらの症状が改善されることも多くあります。
また、経血量が多いというお悩みもこの低用量ピルで改善されることがあります。
経血量や生理不順といったトラブルは、子宮内になんらかの不調がある場合も多く、定期的なピルの服用でそれらの不調が緩和されることから、目に見える症状も改善されます。
低用量ピルは多くの婦人科系クリニックで診察して処方してもらえます。
月々3000円程度の負担が生じますが、クリニックを受診してからの服用でより安全に続けることが出来ます。
決して避妊を目的としたお薬ではないのでその分の注意が必要ですが、女性特有の多くのお悩みを改善するのに非常に有効な手段の一つです。