低用量ピルとエストロゲンの関係って?

低用量ピルは、女性ホルモンの調整効果があります。
低用量ピルにはエストロゲンとプロゲストロンという女性ホルモンが含まれているため、避妊や生理周期の安定、生理痛や過多月経の解消などの多くの効果があるのです。
女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲストロンが交互に優位になりながら働いています。
血液中にエストロゲンがないと、脳が子宮へエストロゲンの分泌を促します。
エストロゲンが分泌されると子宮内膜が厚くなり、受精卵が着床・妊娠する準備を整えます。
子宮内膜が厚くあるとエストロゲンは減少しプロゲストロンが子宮内膜を保護し着床しやすくなるようにします。
そのまま着床しなければ、二つのホルモンが一気に低下し子宮内膜が剥がれることで生理になります。
しかし低用量ピルにはエストロゲンが含まれているため、脳から子宮へエストロゲンの分泌を促す信号は出ません。
その結果子宮内膜が薄くなるため過多月経は解消され、子宮内膜に含まれている生理痛の一因となっているプロスタグランジンの量も減るため生理痛も軽減され、排卵もされないため避妊の効果もあるのです。
さらに低用量ピルを飲み続けることで生理周期が安定します。
日によるホルモンバランスの変化が大きくないため、精神的な安定も得られたり、子宮内膜が剥がれるペースが定期的に訪れるため、子宮内膜にできる子宮内膜ガンのリスクが低減、卵巣からの排卵が抑えられるため卵巣ガンのリスクも低減するというデータがあります。
今すぐ妊娠をしたくないけれど将来的には妊娠したい、生理痛や過多月経、生理不順などのトラブルを改善したい、婦人科系のガンになるリスクを軽減したいという女性が低用量ピルを服用するのに適していると言われています。