インフルエンザ株とウィルスに感染した時の対処と予防

インフルエンザ株は日本ではA型、B型が発症例が多いですが、C型も少なからず発症しています。それぞれ発症しやすい時期と症状が異なります。これはインフルエンザ株の特徴が違うためです。一番症状が少ないのはC型と言われてます。C型ではウィルスに感染しても風邪の症状に近く、他のAやBに比べて症状が軽いので気付かずに治ったという方が多いようです。インフルエンザ株で怖いのはAとBです。A型はもともと人間以外でも発症してるウィルスであり、変異しやすく、重症化しやすいです。そのためワクチンもA型に合わせることが多いようです。対してB型は人間だけに感染するタイプです。人から人にしか感染せず、変異はそれほど激しく起こりませんが、表面だけは頻繁に変わっていくのでワクチンを作る際にA型に比べて対応しづらいと言われています。また、A型とB型では感染する時期が異なります。一般的にはA型が早めに感染することが多く、B型は2月あたりから流行し始めます。そのため、予防接種をしていてもA型にかかり治りますが、期間を開けて今度はB型にかかるという方も少なからずいるようです。そのため、型に関わらず、一度インフルエンザにかかって抗体ができても、他のインフルエンザ株に感染することもあるのでうがい手洗いを継続することが大事です。インフルエンザの予防方法はワクチン以外に抗インフルエンザ薬やプラズマ乳酸菌などの食品から得る方法もあります。抗インフルエンザ薬はA、B双方のウイルス増殖を阻害する効果があります。錠剤でも用意されており、治療薬として利用される以外に予防薬としても利用が進んでいます。また、プラズマ乳酸菌は感染のリスクを減らし、感染したとしても気管支などへの症状を減らせるとして注目されています

トップページへ